Jazz MutantのLemurというiPadの元祖のようなマルチタッチコントローラーが2004年頃に存在していたのですが、値段がおよそ50万円だったということもあり、その後のiPadの大進撃によりやむなくリタイア。そんなLemurがコントローラーアプリGriidやKapture PadでおなじみのLiineによってiOSアプリとして復活することになりました。MIDIとOSCを利用する事で、iPadからすべての音楽ソフト、DJソフト、VJソフト、ビジュアルシンセ、ライティング等をコントロールすることができようになります。元祖Lemurとの大きな違いはiPadではWifi MIDIが使えるという点。はたしてLemurは再びコントローラーの金字塔になるのか?今年のクリスマスプレゼントの筆頭候補。

Liine Lemur

Liine TV Channel

App Storeにて¥4,300

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です