かつてはビンテージシンセのシュミレーションソフトウェアを作る会社、そして今回のNAMMでは100%のアナログのシンセサイザーを発表することとなったArturia。2オシレーター、アルペジエーター、CV、MIDI、USBがついて$549。アナログシンセとしてのスペックは十分な様子。あとはどのようなサウンドなのかが気になるところだ。

  • モノフォニックシンセサイザー
  • 100% アナログオーディオシグナルパス
  • シュタイナーパーカー(Steiner-Parker)マルチモードフィルター (LP, BP, HP and Notch)
  • ボルテージコントロールオシレーター  サブオシレーター
  • オシレーターミキサー (Sub, Sawtooth, Square, Triangle, White Noise, Audio In)
  • LFO1  6 ウェーブフォーム
  • LFO2  3 ビブラートモード
  • Brute Factor™ サチュレーションやリッチなハーモニクスを作る
  • Ultrasaw
  • Metalizer
  • 2ADSR エンベロープジェネレーター
  • アフタータッチ付き25鍵盤
  • アルミ製ボディ
  • 外部オーディオ入力端子
  • CV In/Out ピッチ、ゲート、フィルター、アンプをコントロール
  • MIDI In/Out  5-Pin DIN 端子
  • USB MIDI In/Out
  • アウトプット、ヘッドフォンアウトプット
  • Gate Source  Audio Input, Hold, Keyboard
  • 4つのモードからなるアルペジエーター
  • 4オクターブレンジ
  • スィングコントロール

>
Arturia

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です