アフタータッチ機能付きの49鍵のセミウェイトキーボード、4×3のMPCドラムパッド、8本のタッチセンサー式フェーダーをメインとしたAKAIからの新しいMIDIコントローラーキーボードAKAI Pro MAX49。アルペジエーターとシーケンサーが内蔵。注目はMIDI DIN端子、CVとGATE出力を備えているあたり。これによりビンテージアナログシンセサイザーとのコミュニケーションが円滑になる。付属するAkaiConnectによりMIDIマッピングが簡単に行えるようになりVSTソフトシンセのオペレーションもできるという新旧を統合する新しいAKAIのコントローラー。はたしてキーボードの引き心地はどのようなものなのか?

 

  • 49セミウェイト鍵盤、チャンネルアフタータッチ付き
  • 12MPCパッド、バックリット、4バンク
  • 8LEDタッチフェーダー、4バンク
  • CV Gateアウトプット
  • ラッチ付きアルペジエーター
  • ステップシーケンサー
  • MIDI IN/OUT DIN
  • MPCスィング、ノートリピート、フルレベルナビゲーション
  • コントロールサーフェイスはMackie ControlとHUIをサポート

AKAI MAX49

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です