Teenage Engineeringからの新しいアイデアはデリシャスミュージカルエクスペリメンタルボード、名前はOplab。おそらくメインとなる部分がMIDIトリガーコンバーターのような働きをし、ユーザーが所有する機材をこのボードの端子に接続して自由な音楽モジュールを作ろうというアイデアなのでしょう。

メインとなる部分は⬆の画像。USBx2, Micro USB, CV IN, CV OUT, MIDI IN, MIDI OUT, SYNC OUT とアナログシンセにもフレンドリーな内容に。

そしてさらにユニークなのはアクセサリーとして4種類のセンサーが用意されており、これを触ったり叩いたりすることで音が鳴ったり、音が変化したりするようです。マイクロフォンセンサー(TS-2)アクセロメーターセンサー(TS-3)プレッシャーセンサー(TS-4)ワイアレスセンサー(TS-1)そしてなんとセンサーを入れるためのケースが付いたスニーカーまでがオプションとなっているTeenage Engineeringならではの心意気。Musical Lab Board €279  Oplab tray(Lab Board +3センサー+赤い色のトレー)€400

今回のNAMMで今のところもっとも気になる製品の一つ。今後も新しい情報をフォローしていきたいとおもっているところです。

Teenage Engineering

 

 

 

 

Tagged with:
 

One Response to NAMM2012に登場 Teenage Engineering Oplab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です