新しいiPadの発売ももうすぐ。iPadが作り出すインタラクティブなデジタルアートの世界をいちはやく体験してみたいという人にはぜひこのアプリをお勧めしたい。まるでアートギャラリーの作品を直に手でさわり、それを自分の手で変化させていくことができるかのような、そんなアプリ。難しい知識は必要ないので、どんな年齢層の人でも操作することができる。そして、なんといってもフリー。

先日、バージョン3.11がリリースされたばかりのThicket

3つの新しいモードが追加(Grass、Remember、Cut Whispers)され、現在全7モードが用意されている。初期設定では1モード(Sine Morph)のみの使用が可能。残りのモードについてはアプリ内で任意で購入することになる。1モードにつき¥85。それぞれのモードはYouTubeビデオに紹介されており、まるでアルバムの中の曲を試聴し、購入するような気分だ。個人的にはGrassモードとCut Whispersモードが気に入っている。(ビデオ下)

– スクリーンをタッチすることで映像と音を同時にコントロール
– 7つのモード(sine Morphはフリー)
– スクリーン上部をワンフィンガー・スワイプすることでモードチェンジができる
– child lock:プレー最中に邪魔になるメニュースイッチなどを一時的に消去
– screen capture: 写真撮影
– ビデオアプトプット  apple HDMI , VGA connector,  wirelessly via Airplay
-Universal app:  iPad, iPhone and iPod touch

Interval Apps

App Storeにて

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です