以前にも紹介したPittsburgh Modular Foundationのイントロダクションビデオが公開されました。ビデオを見るかぎりこのFoundationは様々なタイプのサウンドが作れるようです。100%のアナログサウンドはもちろんのこと、サイズ、デザインも含め、新しい時代のモジュラーシンセ。

ケースの中に収められたモジュールの内容は次の通り。各モジュラーの詳しい内容は同社ホームページでチェックしてみてください。

  • 2x Oscillator
    • Multiple Analog Waveforms
    • Wide Frequency Range
  • Dual LFO
    • 2 Independent Low Frequency Oscillators
  • Ring Modulator
    • 3 Modes
  • 4 Channel Mixer / Attenuator
    • Multifunction Module
    • 4 Channel Mixer
    • 4 Independent Attenuators
  • Multi Mode Filter
    • Lowpass, Highpass, Bandpass, Variable Outputs
    • Voltage Controlled Frequency and Q
    • Filter and Oscillator Modes
  • 2x Envelope Generator
    • 4 Stage (Attack, Decay, Sustain, Release)
    • Fast and Slow Modes
  • Dual VCA
    • Attenuated CV Input
    • Individual and Mix Outputs
  • Headphone and ¼” Line Outs
    • Stereo or Dual Mono Outputs
  • Midi to CV Converter
    • CV Out
    • Gate Out
    • CC Out
    • 2x Dual Multiples
    • 2 Sets of Connected Jacks
  • Power Module
    • Power Switch
    • Power LED

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です