1960年代、コンゴ君という名前のチンパンジーがアブストラクトな絵を描くことで有名になりました。多くの評論家に絶賛され、今ではその絵が200万円相当の価値のものにまでなっているという話。絵画の世界ではチンパンジーは人間よりも勝っている?!!

では、、猿は音楽を演奏したり作ったりすることはできるのでしょうか??

プロジェクト「Monkey+Synthesizers」は、スウェーデンVoltfestivalenとSkansen-Aquarium によるプロジェクト。6種類の猿にシンセサイザーを与え、果たして猿達は音楽を作ることができるのか?という実験。私たちはボタンを押したり、ノブを回したり、フェーダーを上げ下げしながら昔ではあり得なかった方法でエレクトロニックミュージックを演奏しているのです。もしかしたら猿達だってできないことはないはず?もしかしたら人間よりも勝っていたりして??

entry1 ライオンタマリン+TR-909
entry2 ピグミーマーモセット+Bliptronic 5000 LED Synthesizer
entry3 ナマケモノ+Yamaha SHS-10
entry4 キツネザル+Yamaha DX7
entry5 ミーアキャット+Mirage EPS16 (Ensonic)
entry6 マントヒヒ+Casiotone CT-360 (Casio)

 

では結果の方をビデオでご覧ください。

 

via HÅKAN LIDBO AUDIO INDUSTRIES

いっかい 「カタツムリが動く音ってどんな音?」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です