イギリスのブリストルに拠点を置くSpacehardware。アナログとデジタルのハイブリッドシンセサイザーをハンドメイドで作ることをコンセプトとするインディー・シンセメーカー。今までいくつかのプロトタイプがサイト上に発表されてきたのですが、そのうちのひとつであるCygnxが製品化される運びになったそうです。上のビデオはそのスネークプレビュー。Cygnxはフロントパネル中央上に置かれたLEDオシロスコープが印象的なデスクトップ型のモノシンセ。サウンドはデジタルオシレーターとアナログフィルターのハイブリッド、120ステップのシーケンサーを備え、ノブの数も十分、本体のサイズも丁度よし。問題は価格ですね、、。販売時期もまだ未定ですが、興味ある方はメーリングリストにサブスクライブしておきましょう。

SpaceHardware

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です