Maschineに標準で付属する音源はおよそ6G分のもので、サンプルの数は18000以上。ダンスミュージック系のサウンドやドラム、パーカッションサウンドが中心となっていますが、ベース、リード、アコースティックドラム、ピアノ、ストリングス、ブラスなど、幅広いジャンルでも使えるインストゥルメントサウンドも用意されています。

バージョン1.6でのライブラリスペックは次のリンクの通り

どのサウンドもすでに磨きがかけられており、とてもクリアーで、前に出てくるサウンドは今の時代にもっともアピールするところでしょう。ダンスミュージックに不可欠な低音に関しても十分に気が配られており、たとえばTR-808や909のキックに関しては、本物と比べてもあまり引けをとらない位の厚みを感じることができます。それもそのはず、Loco DiceやTimo Maasなど有力現役アーティスも音源制作に参加しているようです。

ドラムキットを開くとシーケンサーにはプリセットパターンが表示され、そのキットのデモプレーをすぐに聞くことができます。ここからインスピレーションを得て、パターンをエディットしていくのもひとつの方法でしょう。もっとオリジナリティを求める人は、18000以上あるサンプルの中から好きなサウンドを選択し、白紙の状態からシーケンスパターンを組んでいくことになります。

たくさんのサンプルを手にするのは嬉しいことではありますが、その分、管理はいつも大変です。Maschinenのブラウザーは決して悪いものではありませんが、いつもアルファベット順に並んでいるので、最後の「Z」にたどり着くまでには相当な時間がかかってしまいます。何か素晴らしい検索方法や閲覧方法があればいいのですが。時間があるときには自分のオリジナルキットを作っておくのが得策ですね。


Maschine Expansion

Maschine用の追加音源 Maschine Expansion が現在までに全7タイトルリリースされており、NIサイトよりダウンロード購入が可能になっています。それぞれジャンルやコンセプトがはっきりしており、キット中心の内容であったり、インストゥルメント中心の内容であったり、ダウンロードサイズもそれぞれ違います。値段はすべて価格€49。(u-mm.,,,)

決して安いものではありませんが、かつての市販サンプリングCDと違う点は、買ったサウンドを自分のMaschineプロジェクトにすぐに使用できることや、プリセットパターンやプロジェクトデモが収められているので、その道のプロフェッショナルによる打ち込み方を直接見ることができたり、Maschineの上手な扱い方を見て学ぶこともでき、個人的には非常に有意義なものと感じています。

今後もっと様々なジャンルのExpansionがリリースされるといいのですけどね。もっと数多くのデモトラックやプリセットパターンが収められていても良い気がします。

ここ最近発売されたDark PressureConant Gardensは全く対照的ですが、サウンドが超個性派で、気に入っています。

 

Dark Pressure

プロデューサーSteve Lawyerによって作られたミニマルテクノ系の音源。深いドラムサウンドと渋いシンセベース、SFXサウンドが特に充実しており、大音量で聞いてみたくなります。5曲のデモトラックは他のExpansionに比べはるかに細かく作り込まれており、BeatPortなどでそのまま売られていてもおかしくないようなクオリティの高さに聞こえます。シーケンスパターンを見てみると、これもやはりミニマルで、無駄を省いたタイトなグルーブを見て聞くことができます。

 

Conant Gardens

プロデューサーAmp Fiddlerによって制作されたデトロイトサウンドの音源。ローファイなリズム音源、エレピ、オルガン、ギターなど、ファンキーなハーモニーやフレーズが多く収録されています。5曲のデモトラックは曲としてはクリアー過ぎでデトロイト産のトラックには聞こえませんが、シーケンスパターンを見てみると、クオンタイズがほとんどかけられておらず、これぞデトロイト!的なかなりこだわりのあるグルーブを見て聞くことができます。キットを開いてみると、それぞれにBPMが指定してあり、これもデトロイト風のこだわりのひとつと受け取れます。サンプリング音源としてはかなり異色で新鮮な気がします。

 

One Response to Native Instruments Maschineをもっと使ってみる その2 サウンドライブラリについて

  1. ふくしま より:

    このすごいライブラリーをPCM音源だと思って使うというのがいいのかなぁと思ったりしています。で、1.8ではMASSIVEがつくので可能性は結構無限大っぽいかなぁと。でも、自分がちゃんとしていないと、ただ大きな空間にふらふらするくらいしか出来ないかもって思います。
    まま、なんにしても、ほしーし、楽しみです。
    ま、狭い範囲でやるというのも楽しいことではあるのですが。

ふくしま にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です