レコードを使うわけでもなく、CDを使うわけでもなく、ポケットに入っているスマートフォンやカバンに入っているiPadに入っているトラックを使ってDJプレーを楽しむことができるマシンが登場。

パイオニアXDJ-AEROはWifi接続対応の2チャンネルのDJミキサー。最大4台までのWifi接続が可能で、専用アプリを経由することでこのミキサーにスマートフォンなどからトラックを送信することができる。送信されたトラックはビートシンク機能や内蔵エフェクターを使い本格的DJプレーを楽しむことができる。

  • Jog Drum シルバーのジョグホイール。タッチするとトラックを再生、回すとスクラッチができる。
  • Sample Launch 内蔵された4種類のサウンド(SCRATCH、HORN、SIREN、LASER)専用ソフト「rekordbox」を使うとユーザーが好みのサウンドをメモリすることができる。
  • Beat Effect 4種類のエフェクト(TRANS、FLANGER、ECHO、ROLL)
  • Sound Color Filter  各チャンネルに搭載されているパイオニアのSound color Filter
  • USBディバイスへの録音 WAVファイル
  • Beat Sync トラックとトラックのビート同期

 

Wifi通信でサポートされているトラックのフォーマットはMP3とAACファイルのみ。しかしUSBディバイスやコンピュータからのトラックの読み込みも可能で、MP3、AAC、WAV、AIFFフォーマットの再生が可能になる。その際は専用ソフト「rekordbox」での準備が必要になる。

8月30日発売予定 予想価格 ¥99,800

Pioneer

One Response to Wi-Fi 接続対応DJシステム パイオニアXDJ-AERO

  1. […] 去年の夏にリリースされたパイオニアXDJ-Aeroは、iPhoneの中に入っている楽曲もミックスすることができるものだったのだが、今回のXDJ-R1の「remotebox」からはUSBストレージに入っているト […]

ワイアレスDJシステム パイオニアXDJ-R1 | いっかい/ikkai にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です