10月1日から発売になるNative Instrumets Maschine MK2ですが、それよりも一足先にリリースされたNative Maschineソフトウェアのアップデート 1.8.1。インターフェイスがカラフルになり、操作する気持ちも大きくリフレッシュされることでしょう。すでに登録済みのユーザーはNI サービスセンターより無償アップデートを行うことができます。さらにNIの人気シンセソフトウェアMassiveのフルバージョンもダウンロード可能に。

得に今回のアップデートの目玉となっているのが、オフラインでのタイムストレッチピッチシフト機能、そして新しいエフェクター(Transient MasterTape Saturator/Tube Saturator)の追加。その他多くのワークフローの改善がされています。

  • トランスポートコントロール Maschineをプラグインモードで立ち上げている際でもハードウェアのトランスポートスイッチを使うことができるようになります。(最新バージョンのController Editorでアクティベーションが必要。設定方法はこちらを参考にしてください。)
  • ハードウェアからのノートエディット機能強化 各ノートのタイミング、長さ、ベロシティをそれぞれハードウェアからエディットできるようになります。(Selct+Events)
  • Panic ボタン(Shift+Mute) 長いサンプルを再生した場合でも、途中で音を止めることができるようになります。
  • Beat RepeatのPinnning Beat Repeatボタンを固定することができるようになります。
  • サンプルプレイインディケーター サンプルウェーブを表示している際にプレイポジションを表示するインディケーターの追加
  • サンプルを含めたグループのセーブ
  • 見つからないサンプルファイルの扱いを強化
  • カラーコーディング

 

Native Instruments Maschine

Tagged with:
 

One Response to Massiveが付属するMaschine 1.8 リリース

  1. ふくしま より:

    MASSIVEつくから、ハードは旧バージョンでもいいかなぁと思ったり。そんな感じで。うーん、欲しい。使い倒してみたい。

ふくしま へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です