本日発表になったNative Instruments Traktor Kontrol Z2はコントローラ+ミキサー+サウンドカードが一体となったTraktorミキサー。通常のDJミックス2チャンネルに加え、TraktorのRemix Deck2チャンネルを同時にコントロールすることができる2+2チャンネルミキサー。もちろんTraktorだけではなく、ターンテーブルやCDJやマイクロフォンなどを接続をすることもでき、様々なメディアに対応する最新型のDJミキサーとなっている。

特に目をひくのが本体の左右に置かれている各4つのカラフルなボタンで、このコントロールセクションでTraktorのRemix Deck、キューポイント、ループをコントロールすることができるようになり、デジタルDJにとっては力強い武器となるでしょう。

さらにこのカラフルなボタンの下におかれているのがFluxという新しい名前のボタン。Traktor2.6に搭載される新機能で、曲途中でキューボタンやループを使い特定の場所をリピートしても、本来再生していた場所に戻って再生してくれるという機能。

エフェクターセクションにはMacro FXとよばれる新しい名前のノブが置かれていますが、このノブを回すことで複数のTraktorのエフェクターを一度にコントロールすることができるTraktor2.6の新機能。複雑トリッキーなエフェクターコントロールが可能になり、プリセットも多く用意されています。

本体の裏、NIのコントローラでは初めて見ることとなるUSB hubが二つ用意されています。Kontrol F1やX1をセットアップできるのはもちろん、それ以外のUSBコントローラをつなげるのもきっと面白いはず。そしてこれらのUSBはHIDに対応しており、パイオニアの新しいCDJとの連携もバッチリとなります。さらに、XLRアウトアウトプット端子が付いたのもNI のコントローラとしては新しいところです。

 

 

  • 航空機級のアルミを使用(?)
  • Traktor Scratch pro2 ソフトウェア、タイムコードレコードとCDが付属
  • Remix DeckとキューポイントがアサインされるマルチカラーLED ボタン
  •  2スタンドアローンミキサーチャンネル  外部アナログインプット
  • RemixDeckセクション
  • マスターセクション(ファイルブラウジング、シンク、クオンタイズ)
  • Macro FX 複数のエフェクターをまとめコントロール
  • 24-bit サウンドカード
  • XLR バランスアウトプット
  • ブース用アウトプット
  • マイクインプット
  • aux インプット ターンテーブル用インプット
  • HID コントロール
  • USB hub
  • 11月1日発売
  • ¥83,800


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です