世界初のサンプリングドラムマシンLM-1、Akai MPC-60、最近ではドラムマシンTempestなどの開発者として有名なRoger Linn Designが、すでにお蔵入りとなってしまったプロダクトデザインの画像を公開しています。どれも何らかの理由で商品化に至らなかったそうなのですが、いくつかのアイデアはまだ少しも古いものにみえませんよね。

画像上、Windowsをベースにしたミュージックコンピュータ。タッチプレッシャー式のスライダーと、その後Tempestにつながって行く横2列のドラムパッドが装備されています。

中国の楽器メーカーCMEとのコラボレーションが予定されていたというモジュラー式ギターアンプエフェクターシステム。上の画像はフットペダルが装備されたモデル。

ドラムマシンのデザインアイデア。これ、Beat thangにそっくり。

モジュラー式コントローラ。CubaseのCMCコントローラに共通するアイデアですね。

Roger Linn Design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です