Make the city sound better? (街の音をよくする?)ロンドン在住の日本人アーティストYuri Suzuki氏とヘッドフォンディベロッパーAiAiAiによって制作されたSound Taxiは、イギリスで有名なブラックキャブ(黒タクシー)にマイクロフォンがとりつけてあり、ブレーキ、サイレン、工事現場、これらすべての都市の騒音を録音します。MAXを使って書かれた特別なソフトウェアがこれらの騒音の周波数を解析し、グラフィックEQのように25の周波数帯域に分割され、AbletonLiveの異なる音を制御しながら音楽を作っていきます。例えば、低いエンジンの音はベースサウンドをトリガーしたり、高いサイレンの音はハイハットをトリガーすることができるのでしょう。生成された音楽はタクシーにとりつけられてある大小67個のスピーカーから流されるという作品。

9月中旬、ロンドンの市内を実際に走ったというSound Taxi。そのときに生成された音楽がYuri Suzuki氏のサイトにアップロードされています。パトカーらしき音がなまなましく聞こえたり、映画のワンシーンを想像するようなサウンドに聞こえます。おそらく音的には東京の街並の方が雑多な感じで面白いような気がしますが、、このタクシーを目にしたロンドンの人たちはさぞビックリしたことでしょう。

 

via Verge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です