スタイロフォン(Stylophone)は金属製のキーボードをスタイラス(筆記具)で触れることにより音が出るポケットシンセサイザーで、1970年代にイギリスで生産された。これを使ったミュージシャンはデビッドボウイ、クラフトワーク、オービタルなど、世界で400万ユニットの売り上げがあったという大ヒットマシン。

そんなスタイロフォンが復活。オリジナルスタイロフォンの開発者であるBrian Jarvis氏の息子であるBen Jarvis氏によって指揮がとられ、生まれ変わったスタイロフォンは、サイズ308mm × 120mm × 26mm 重さ1kg、金属製のキーボードは3オクターブある”フルスペック”のアナログシンセサイザーになっています。

  • The Stylophone S2 features the traditional Stylophone metal keyboard, but 3 octaves long and playable with an included wire-free stylus or by finger touch.
  • Portable (308mm X 120mm X 26mm and less than 1kg/2lbs in weight).
  • +/- 2 octave shifter
  • All analogue signal path
  • British style 12dB/octave state-variable filter
  • Dual all-transistor voltage controlled oscillators
  • Sub-oscillators for ‘super-fat’ bass
  • Eight waveform LFO with a 14 octave range
  • An auxiliary-input to use the filter and envelope-generator for other instruments
  • 1/4” output jack socket
  • Internal speaker and headphone socket
  • CV and Trigger input sockets.

 

洗練されたデザイン、10個のノブ、デュアルオシレーター、CVインプット、かつてのStylophoneと比べるとかなり骨太なシンセサイザーになっていることが伺えます。そしてイギリス式のState-Variable filterとはどのようなものなのでしょうか?とても気になります。

すでにStylophoneホームページでは販売が開始されてはいるようですが、まだビデオやサンプル音源は準備されていないようです。

追記(12/19/2012)

イギリスポンド299 アメリカドル479 というなんだか不公平な価格設定も気になるところです。Made in the UK

詳細はNAMM2013で。

 

Dubreq Stylophone

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です