コンピューター使って友達と一緒に音楽を作っている時にはいつも思うことなのですが、マウスを譲り合ったり、一人がやっている作業をずっと見ていたりするのはなんだか不自然なものだなあと。確かに15インチのMacBookが小さいというのは当然ではあるのですが、、。もしも大型スクリーンでマルチタッチ式ジェスチャーを使って音楽をつくることができたなら、、。あのトムクルーズの「マイノリティレポート」のような世界。

そんな夢が遂に現実のレベルにまで来たようです。

Cakewalk Sonar X2のアップデートバージョンとなるSonar X2aが昨日よりリリースを開始。多くの新機能に加え、Windows8のテクノロジーに基づくマルチタッチスクリーン機能に対応しているということです。

タッチジェスチャーによってできる操作は、

•    マトリックスビューでのセルのスクロールとトリガー
•    コンソールビューでのスクロール、基本的なミキシング
•    クリップペインでのスクロールとズーム
•    トラックビューでのループメーカーポジションの調節
•    ブラウザーからコンテンツのオーディションとドラッグ
•    ドッキングビューの拡大、サイズ変更、折りたたみ
•    トランスポートモジュールのコントロール
•    ステップシーケンスのトグル
•    プラグインのパラメーターコントロール (no multi-touch)

インテル提唱のUltrabook、タッチ式ディスプレイをサポートするWindows8搭載のディバイスでの動作が可能。登録ユーザーは無償アップデート可能。

もうすでに試した方は是非感想を聞かせてください!!!

Cakewalk Sonar

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です