スウェーデンのアーティストHåkan Lidbo氏の新作は、高さ3m、横幅10m、おそらく世界で一番大きなドラムマシンBig Beat。難解なリズムを作るためには手と足だけでは足りなさそうです。Big Beatはゲームでもあり、    ”隠しサウンド”を3つ見つけることができたら次のレベルへ進むことができ、5レベルまで行くことができたら”勝ち”になるそうです。昔テレビで見た「モジモジ君」を思い出してしまいました(笑)

 

 

いっかい 「猿はシンセサイザーを演奏できるのか?」

いっかい 「近未来型インターフェイス CCCPad」

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です