iOSアプリのオーディオルーティングを可能にするAudiobusのリリースがいよいよ来週の月曜日、2012年12月10日に決まったようです。このAudioBusを楽しむために必要なものは、Audiobusアプリ($9.99)、iOS5.0以降搭載のディバイス(iPhone、iPad、iPod touch)、AudioBusに対応したアプリ。

そして12月10日のリリースと同時にサポートを開始するのは次の11のアプリ。

  • Funkbox (input slot)
  • JamUp XT (effects slot)
  • JamUp Pro XT (effects slot)
  • Loopy (input and output slot)
  • Loopy HD (input and output slot)
  • MultiTrack DAW (output slot)
  • NLog MIDI Synth (input, effects and output slot)
  • NLog Synth PRO (input, effects and output slot)
  • Rebirth for iPad (input slot)
  • SoundPrism Pro (input slot)
  • Sunrizer Synth for iPad (input slot)

ThumbjamとDrumjamはアップルの承認が降り次第、サポートの開始が予定されています。またAnimoogとAuriaは準備が整い次第とのこと。

上の画像はSunrizer(シンセ)をJam Up(エフェクター)に通している様子。Sunrizerのトランシーなサウンドにディストーション+リバーブをかけることができる感動的な体験。

すでに700名のディベロッパーからのディベロップ要請を受けているというAudiobus。続く第2ラウンドではそのうちの25のアプリがプログラミングツールを受け取り、次の準備に進んで行くようです。同時にこのプログラミングツールの一般公開も来月中に予定されているようです。

もちろんこのブログでも来週の月曜日はこの話題でしょう。

 

 

AudioBus

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です