アメリカのAntiquity Musicから発表になるWheelHarpは、通常の半音階鍵盤を使い弦楽器演奏をすることができる楽器。和太鼓とアコースティックピアノが合体したかのようなアンティークなデザイン。よく見てみるとホイールの周りに黒い鍵盤が取り付けられている。この鍵盤をおさえることで、ホイールが作動し、弓を使ったストリング演奏を行うことができる。右側のペダルを踏むと、ホイールの速度を変えることができ、ストリングを掻く弓の速度を変えることができる。左側のペダルは、アコースティックピアノのダンパーペダルのような機能を持っている。

過去と現在が交錯したかのような不思議な楽器。NAMM取材を行っている方々、ぜひ現地レポートよろしくお願いします。

SPECIFICATIONS

Models:

  • Radial Model (curved keyboard)
  • Linear Model (flat keyboard)

Ranges: (available for each Model)

  • 5-octave range, G2 – G7 range, 61 strings
  • 4-octave range, C3 – C7 range, 49 strings
  • 3-octave range, G3 – G6 range, 37 strings

Dimensions:

  • Linear Model, 5-octave: 50” H x 48” L x 37” W
  • Radial Model, 4-octave: 42” H x 42” L x 24” W

Weight:

  • Linear Model, 5-octave: 150 lbs
  • Radial Model, 4-octave: 75 lbs

• Pedal-actuated damper system
• Pedal-actuated motor with speed control
• Piezoelectric pickup system
• Electromagnetic pickup system
• Optional microphone pickup system
• Laminated maple pinblock, oak body
• Cast aluminum pulley

  • 5-octave range: $11,900
  • 4-octave range: $10,900
  • 3-octave range: $9,900

Antiquity Music

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です