スタインバーグCubasis for iPadが本日アップデートバージョン1.1をリリース。今回のバージョンではファンが待ち望んでいたAudioBusをサポート。これによりAudiobus対応アプリのサウンドをCubasisにオーディオレコーディングすることが可能になりました。

設定はとてもシンプルで、AudioBusメインスクリーンの入力スロットで使いたいアプリを選択し、アウトプットのスロットでCubasisを選択します。するとCubasis側のメインスクリーンに自動的にトラックが作られ、アプリの名前を確認することができます。あとは録音するだけ。

(下の画像ではKorg iPolysixを選択。Cubasisの画面でもiPolysixと表示されているのが確認できます。)

Steinberg Cubasis

App Storeにて¥4300

いっかい 「Steinberg Cubasisをつかってみた」

Tagged with:
 

2 Responses to Steinberg Cubasis for iPad の嬉しいアップデート:Audiobusに対応

  1. […] ちょっと前に話題にしたiPad用のDAW – Steinberg Cubasisが、つい最近アップデートされてAudioBusに対応になったという話を読んで、すぐにアプリをアップデートし、使って見ることにした [参照: Steinberg Cubasis for iPad の嬉しいアップデート:Audiobusに対応] その後実際に試してみたので、ちょっと紹介。 […]

  2. akirabiker より:

    いつも勉強させてもらっております
    さてCubasisで外部のAPPの音をAUDIOでは録音できるのは、記事を見て分かったのですがMIDIデータで鳴らした外部appの音をCubasisで録音することは可能なんでしょうか?
    リアルタイムレコーディングではずれが生じるので
    何とかしたく・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です