GoogleのwebブラウザーChromeにはボイスサーチ機能というものが備わっており、コンピューターのマイクに向かって「日本で一番高い山?」と言えば、そのサイトに案内してくれます。そのChromeのボイスサーチ機能がバージョンアップし、今度はChromeに向かって質問をすると、Chromeから音声で返答がされることになります。「日本の総理大臣はだれ?」と聞けば「安倍総理」という返答が返ってくるわけですが、「では、彼の身長はいくつ?」と聞くと「彼」が誰のことであるかもちゃんと認識することができるそうです。タイピングいらず、必要なものはビルドイン・マイクロフォン。

昨日リリースになった音楽認識アプリ「Shazam」のニューバージョン。iPadにネイティブ対応したバージョン6.0では「自動タグ」機能が搭載され、Shazamをバックグラウンドで起動している最中でもマイクロフォンが拾った音楽は自動的に解析され、楽曲名やアーティスト名、場合によっては歌詞が表示され、タグ付けも自動的におこなわれることになります。ラジオを流したままにしておけば、そのプレイリストが知らない間に出来てることに。

その他 Shazam6.0には「探索機能」も追加され、世界地図上に各国の“タグチャート”が表示され、リアルタイムで流行っている音楽を知ることが出来ます。本日5月24日の状況を見てみるとThe Wanted、Pink、DaftPunk、Thrift Shopが世界中で大流行の様子。

Shazamのユーザー数は世界でおよそ3億人との報告も。

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です