Ableton Liveの抱える難点の一つとされている「デュアルモニターの非サポート」

これを解決してくれるMax for Liveのディバイス「Ultimate Mixer 1.0」がM4L ユーザーライブラリーで発表されています。Max for LiveのAudio Effectorとしてこのディバイスを立ち上げると、別ウィンドにミキサー部が表示され、これによりデュアルモニターでAbleton Liveを使用することが出来るようになります。

v1.0:
– 伸縮可能なチャンネルミキサー
– スキンカラー対応
– トラックネームとトラックカラーの変更可能
– インサートディスプレイ
– センドコントロール
– I-O 、 モニターコントロール
– 50トラック(センド)まで挿入が可能
– Stay-on-top
– Auto-resize depending on window size
– MIDI & Key Mapping 設定可能

-Live 8、9に対応

 

残念なのはCPUへの負担がかなり大きいことや、Ultimate Mixerの画面からはプラグインエフェクターやプラグインシンセの選択が出来ないことですが、バージョンアップにも期待できそうです。Ableton Liveのヘビーユーザーにとっては願ってもなかった機能追加となりました。

 

Max for Live .com

Ultimate Mixer 1.0  $9.99

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です