GlitchmachinesがリリースしたPolygonは、4つのサンプラーモジュール+サブオシレーターを備えたパワフルなプラグインサンプラー。様々なプレイモードでミックスしたサンプルに8つのLFOと4つのエンベロープモジュレーションを加え、サウンドにムーブメントを付け足していくことができる。

見た目はギーキーに細かいですが、操作の方はとてもロジカルなようです。付属する1.2GBのサンプルライブラリーもしくはハードディスクに入ったサンプルファイルを混ぜ合わせればすれば、シェイプシフトするシンセリード、ヘビーなモジュレーションベース、グリッチーなパーカッション、ドローンなアンビエントサウンドなど、想像を超えたサウンドを作れるはず。まずは迫力のデモサウンドをどうぞ。

 

Polygon ファクトリープリセットデモ

 

Polygon オーバービュー・ビデオ

 

 Ableton Liveを使ったデモ

 

  • 1.2 GB 24bit/96khz .wav サンプルライブラリー
  • 4 モノフォニックサンプラーモジュール (グラニュラーモード付き)
  • Play & Loop モード (レンジスライダー付き)
  • 4 モジュレーションエンベロープ (サイクルモード+可変スロープ)
  • 8 LFO
  • 3 エフェクター: Metalizer・Stutter ・FM Ring Mod
  • サブオシレーター(Sine +Square 波形+ PWM)
  • モジュレーションマトリックス  Global RND Isolate Suite
  • Cross-platform compatibility (PC/Mac – VST/AU 32bit & 64bit)
  •  $49

動作環境

  • VST/AU 対応のホストソフトウェア
  • およそ1.5 GB ハードディスクスペース
  • Mac OS X 10.7 以降 (PPC 非対応)
  • Windows XP 以降
  • 最低 2 GB RAM
  • CPU with SSE2 対応

Glitchmachine

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です