タブレットと音楽制作の相性は思った以上に素晴らしいものでした。今や数えきれないくらいの音楽アプリがリリースされ、楽器屋を覗いてみても関連機材を頻繁に目にします。特に、タブレットをDAWソフトウェアのリモートコントローラとして使うことや、外出先でもスマートフォンにメロディーやリズムパターンのデッサンを書き込むことができるようになったのも素晴らしいことです。数十年前では考えられなかった機能を数百円で手に入れられるということを考えてみても、これからの世代のミュージシャンはここがスタートポイントともなるのでしょう。

しかし現在のタブレットの欠点といえば平面なスクリーンに表示されるバーチャル鍵盤やバーチャルノブを操作しなくてはならないところ。指の大きさや、指使いの繊細さは個人差はあるものの、もっと直感的な操作をしたいというのが大概のミュージシャンの本音なのではないでしょうか。やはりそこで必要なのはタブレットやスマートフォンに対応するコントローラでしょう。

たとえばNative Instruments はTraktor DJ とそのコントローラKontrol Z1 、NovationはLaunchpad App/Launch Key AppとそのコントローラLaunchkeyをリリースしており、すでにこのブログでもレビューしているように、アプリとコントローラを合体させることで一つの立派な楽器として成り立つ素晴らしい完成度 と個人的には感じています。

(さて、前置きが長くなりましたが)今日、紹介したいのはmikrosonicというメーカーがリリースしたRD4 Grooveboxというアプリ。シンセ・ベース・ドラムマシン×2 これらの音源を組み合わせながら音楽を構築していくことができるアプリで、PropellerHeadのReBirthと似たようなアイデアのアプリです。インターフェイスがとてもシンプルなので操作も簡単。ちょっとさわり始めるとあっという間に時間が経ってしまいます。

このアプリの素晴らしいところはMIDIコントローラに対応しているというところで、Novation LaunchKey MINI には完全対応。iPadにLaunchKey Miniを接続し(カメラコネクションキット要)RD4を立ち上げると、設定などは一切なしで操作を始めることができます。

LaunchKey Miniのツマミを使ってミキサーフェーダーの操作やシンセパラメータを操作することができたり、 Launchkeyのパッドをステップシーケンサーとして使いドラムパターンやベースラインを作ることもでき、特にこのステップシーケンサーがかなり良いのです。RD4 の楽しさが倍増します。

下のYouTubeビデオでそのアクションを見てみて。

 

 

このRD4はiOSだけでなくアンドロイドにも対応、そして同様にNovation Launchkey Miniそしてその他のMIDIコントローラとの接続にも対応しています。アンドロイドディバイスとMIDIコントローラを接続するには「USB 2.0 A Female to Micro B Male Adapter Cable」が必要になるようです。

また、USBホストテスト確認済みのディバイスは

  • Google Galaxy Nexus
  • Samsung Galaxy S2
  • Samsung Galaxy S3
  • Google Nexus 7
  • Motorola Xoom
  • Asus Memo Pad Full HD

非対応のディバイスは

  • Google Nexus 4
  • HTC One S
  • HTC Sensation Z710e
  • Kindle Fire HD

 

アンドロイド・ディバイスを使った音楽制作に関しては「レイテンシー問題」というものが存在し、アンドロイド音楽アプリの盛り上がり停滞の原因となっていました。しかしアンドロイドOS  2.3 以降ではこの問題が徐々に解消されて来ているようで、これらのことに関してはmikrosonicのサイトでに詳しく書かれているので興味ある人は読んでみてください。http://www.mikrosonic.com/faq

簡単に言ってしまえば、もしアンドロイドディバイスを使って音楽制作をするのであれば、良いディバイスを使うのが条件のようです。

App Storeにてフリー MIDI機能やエフェクター機能をアンロックするにはApp 内課金¥600

Google Play

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です