1905年に、ドイツの物理学者H・ルーベンスは、サウンドウェーブの視覚化をつくるために、ガスで炎を上げるチューブを発明しました。時を超え、デンマークのとあるチームが開発したルーベンスチューブには合計で2,500の穴があいており、音に合わせ2,500の炎が上がるという驚きのチューブ。音が大きければ大きい程大きな炎が上がります。ビデオの見所は2:37から。

 

 

 

 

 

 

One Response to 音に合わせて2500の炎が上がる Pyro Board : 2D ルーベンスチューブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です