オランダの人気プラグインソフトウェアディベロッパーRob Papen のFaceBookページより。現在、Rob Papen氏は同社のプラグインシンセ(BLUE-II, Predator, SubBoomBass, Blade)  のためのハードウェアコントローラの製作を計画中とのこと。上の画像はまだレンダリングの段階です。

「PR-Control」は横幅43 cm×縦幅23 cm、ツマミとツマミの間には十分なスペースがとられ、洗練されたデザインが目を引きます。馴染み深いシンセパラメーターが並ぶ中で、あれ?と思うのは本体右側にある「X-Control」と「Y-Control」。もしかするとこの部分はX-Yパッドもしくはスティック型のコントローラになるかもしれないとのことですが、ツマミ式のXYコントロールも趣があるように見受けられます。

LCDスクリーンは搭載されていませんが、大概のユーザーはコンピューターを見る事なしにプラグインシンセを操作することはないだろうということ、そして本体の価格を極力抑えようとしていることも強調しています。

かつてコルグもLegacy Collection Ms-20 専用のコントローラをリリースしていましたが、確かに、ソフトウェアシンセをハードウェアシンセのように使うことができるのは魅力的です。しかしある程度MIDI CCやNPRNsの知識さえあれば、大概のMIDI コントローラでソフトウェアを操作することは可能なわけです。果たしてRob Papen製のMIDI コントローラはユーザーの虜となるのか気になるところです。

どちらにしてもまずは価格。そして優れたテンプレートの付属、Rob Papenの4種類のソフトウェアシンセとどこまで統合できるのかがキーとなるのでしょう。Rob Papenユーザーは要注目ですね。

Rob Papen Facebook

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です