iOS の人気DJ アプリAlgoriddim「Djay 2」は音楽配信ストリーミングサービス「Spotify」と連携した「Djay 2」バージョン2.5.1 をリリース。Spotifyの有料アカウントを持っているユーザーはSpotifyに登録されている2000万以上の曲を無制限で使うことができるようになる。音楽ダウンロード、CD、レコードはもう過去のDJメディアになってしまうのか?!

Spotifyはスウェーデンから生まれた音楽配信ストリーミングサービス。簡単に言ってみればインターネットジュークボックスのようなもの。先週の発表では全世界で有料会員数が1000万人を突破(有料会員費は月額9.99ユーロ)、無料会員数を含めるとユーザー数は4000万人に登るという。現在世界56カ国でのサービスが展開されているが、残念ながら日本でのサービスはまだこれからということになっている。

Spotifyと連携したDJソフトウェアはこれが初めてではない。以前にこのブログでも紹介したPacemakerというiOSアプリがあるのだが、DJソフトウェアとしての機能を見た時にはこのアプリはまだ発展途上といった様子。その点、DJアプリ業界をリードしている「Djay 2」が「Spotify」と連携したことはアプリ業界だけでなくDJ、音楽業界を揺るがすものと言えるだろう。

では、バージョンアップした「Djay 2」がどのようなものになっているか見てみよう。

(ラッキーなことにドイツ在住の筆者、Spotifyが使える!)

 

音楽ライブラリー

Djay を起動するとスクリーンには2台のターンテーブルが表示され、ここでプレイしたい曲を選ぶことになる。ターンテーブルの左上にある「+♫」スイッチを押すと「iTunes」もしくは「Spotify」のライブラリの選択をすることができる。Spotifyの機能を使うにはWifiネットワークとの接続、そしてSpotifyの有料アカウントの事前登録が必要になる。

基本的には「Spotify」に登録されている楽曲は「Djay 2」で検索しプレイすることが可能になる。また、「Spotify」で作ったプレイリストは「DJay 2」でも有効になる。例えば、分かりやすいところで「Justin Timberlake」を検索してみる。すると彼がフューチャリングで参加している曲も含め数多くの楽曲が表示される。トラック名をタップするとターンテーブルにトラックのジャケットが表示され、ストリーミングが開始される。このストリーミングの速度の早さに驚かされる。

 

高精度な類似曲ピックアップシステム+オートミックス機能

今プレイしている曲の次にどの曲をミックスするのか考えるのはDJ にとってもっとも重要な仕事の一つ。Djay 2では「マッチ」スイッチを押すことにより今プレイしている曲に類似した曲を表示してくれる。これはSpotifyによって買収された「The Echo Nest」のアルゴリズムによって働く機能で、非常に定評が高いものだ。おそらくだが、曲のBPMやキー、アーティストのジャンルによっておよそ20曲ほどのお勧め曲が表示される。

たとえばJustin Timberlakeの曲をプレイしている最中に「マッチ」選択をしてみると同じ位のBPMの曲、ヒップホップ寄りのポップ音楽が表示された。

ちょっとクラブ系の音楽をプレイしてみる。ここでも同じようなBPMの曲、にたようなジャンルのお勧めトラックが表示された。

今まで知らなかった新しいアーティストや曲を開拓することもできるのが嬉しい。それもすぐにフルトラックでプレイすることができるなんて素晴らしい話だ。

「オートミックス」という機能も便利だ。クロスフェーダー上に表示されているAutomixというスイッチを押しオートミックスを開始させる。するとDjay 2が次にプレイする曲を自動的に選択し、自動的にミックスを開始する。音楽プレイヤーとしても十分楽しむことができる。

 

DJ KOZE(ややテクノよりの音楽)をプレイしている最中に「マッチ」スイッチをおすとこのようなお勧めトラックが表示される。ほぼ同じBPM、同じジャンルの音楽

 

強化されたDJ エフェクター

 

今回のDjay 2 のアップデートはSpotifyとの連携以外に、エフェクター機能が大きく強化されている。NI Traktor DJ のエフェクターと比べてみると、インターフェイスのサイズは小さい。DJプレイ最中にエフェクタープレイをガンガン使うというようなコンセプトとはやや違うようだ。しかしドイツベルリンのソフトウェアメーカー「Sugarbytes」製作によるこれらのエフェクターはデスクトップコンピューター用ソフトウェアのクオリティに劣らぬもので、ユニークそして効果も抜群に良い。5つのエフェクターがすでにインストール済み、およそ30のエフェクターを別途購入することができる。

xyパッドを使ったエフェクター操作が可能

Sugarbytes提供によるエフェクター、フルパックコレクションは¥500

 

使ってみて

このアプリを使ってクラブでプレイするにはまずは安定したwifiネットワークを確保しなければならないなどまだまだ相当な勇気が必要ではあるが、ハウスパーティDJやホビーDJとしてならば、iPad を使うDJ プレイの楽しみは格段に大きくなっているように感じる。また、Djay 2 に対応するサードパーティ製MIDIコントローラもすでに9種類発売されている。コントローラを使えばDJ プレイの楽しみはさらに倍増する。

個人的にはiTunesストアやBeatportなど有料音楽ダウンロードサイトへの訪問が大きく減るような気がするが、アーティスト的にはまったくもって頭の痛い話だ。売り上げ的な話でいうとSpotifyからの利益はダウンロードの100分の1なんていう話もある。

しかし、Spotifyの日本上陸はいつなのでしょうか?日本の曲も同じようにミックスできるようになれば個人的には大満足なのですが。

 

algoriddim

App Storeにて現在¥500

 

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

One Response to Spotifyと連携したDJアプリ「djay 2」を試してみた

  1. […] Source:Spotifyと連携したDJアプリ「djay 2」を試してみた | いっかい/ikkai 他にも、こんなアプリでもSpotifyの楽曲を使うことが出来ます! djay Pro […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です