AKAI プロフェッショナルは新しいDJコントローラAFXAMXのリリースを発表しました。人気DJソフトウェアSerato専用となるモジュラータイプのコンパクトコントローラ。

Serato専用のコントローラカタログを見てみるとまずその種類の多さに驚くわけですが、どういうわけかほとんどのものがジョグホイールを備える大型コントローラです。このサイズのコントローラを持ち歩くことやクラブやバーで置き場所を確保することは本当に大変なことだと感じるのですが、そういった意味でこのスリムなAKAIのコントローラはすべてのSeratoユーザーにとって手に取り易いものに違いありません。

AFX はNI Traktor Kontrol F1 とNI Kontrol X1 の中間といった感じで、パッドやタッチストリップを使い、エフェクターやスライスを操作することのできる、デジタルDJパフォーマンスに焦点を当てたコントローラとなっているようです。

AMX はオーディオインターフェイス内蔵の2チャンネルミキサーで、NI TRaktor Kontrol Z1 のような作りになっていますが、インプット端子を備えていたり、トランスポートコントロールを備えているなどの違いを見ることもできます。

 

AFX

  • タッチストリップ
  • 4デッキコントロール
  • 9 タッチアクティベートノブ
  • 8 ベロシティ対応+RGBバックライトパッド
  • パッドモード切り替え(トリガー・ホットキュー・ループ・スライス)
  • USB パワード
  • US$199
AMX
  • 24-bit/96kHz オーディオインターフェイス
  • 2 フォノ/ラインインプット, ステレオヘッドフォンアウトプット
  • 9 タッチアクティベートノブ
  • Serato DJソフトウェアのフルライセンス
  • クロスフェーダー
  • US$249
ともにリリースは2014年秋

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

2 Responses to AKAIがリリースするモジュラータイプのDJコントローラ AFXとAMX

  1. K より:

    久々に来ましたね
    この手のコンパクト路線がさらに盛り上がって欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です