コルグのVolca シリーズに新機種Volca Sampler が加わりました。

Volca Sampler は最大100個のサンプル・サウンドをリアルタイムにエディットしながらシーケンスを組んでいくことでライブ・パフォーマンスができるサンプル・シー ケンサー。

マイク入力やインプット端子がないところからするとサンプルレコーディングはできないようです。しかしVolca シリーズとしては初となるiOSアプリとの連携によって、ユーザーによるオリジナルの音源を取り込むことができるようになるそうです。専用アプリは10月にリリースされるとのこと。

そうはいってもVolcaの武器はなんといっても16ステップのシーケンサー。そして11個のパラメーターでサウンドを自在に変幻させていくことのできるモーションシーケンサーを使えば、楽しくて眠れなくなるインプロビゼーションが続くこと間違いなし。

もちろん他のVolcaシリーズ と同様、Volca Samplerは電池駆動可能、小型スピーカー内蔵、クロック信号送受信可能、MIDI IN端子装備。早く他のVolcaシリーズと並べて演奏したくなります。

これまでのVolca には何かと制限が多かったMIDIコントロールチェンジ信号の受信ですが、いまのところMIDIに関する詳しい情報は公開されていません。Volca Sampler ではすべてのパラメーターを動かせるようにしてもらいたいです。コルグさん、よろしく!

 

 

Volca Sampler の主な機能

 

  • 最大発音数 8
  • サンプル容量4MB 65秒
  • 31.25kHZ, 16-bit サンプリング
  • 100のサンプル音源内蔵(上書き可能)
  • 11個のパラメーターを操るモーションシーケンサー 
11個のパラメーター  Start Point … 再生開始位置 ・ Length … 再生の長さ ・ Hi Cut … カットオフ周波数 ・ Speed … 再生スピード ・ Pitch EG Int … Pitch EGの効果の深さ ・ Pitch EG Attack … Pitch EGのアタック・タイム ・ Pitch EG Decay … Pitch EGのディケイ・タイム ・ Amp Level … 再生レベル ・ Pan … パン ・ Amp EG Attack … Amp EGのアタック・タイム ・ Amp EG Decay … Amp EGのディケイ・タイム
  • Active Step機能(シーケンスの途中のステップを飛ばして再生する機能)
  • Step Jump機能(押しているステップだけを瞬時に再生する機能)
  • Swing機能(VolcaにもやっとSwingできるようになる!)
  • Analog Isolator (アナログ回路、イコライザーのような機能で、低域/高域を極端に増減させる2つのノブ)
  • リバーブエフェクト
  • 専用iOSアプリからユーザー独自のサンプル音源のロードが可能
  • 10 パート 16 パターン制作可能
  • ソングモード (最大16個のシーケンスを組み合わせたソング・パターンを6個保存可能)
  • MIDI IN端子
  • シンク端子 (もちろんVolcaファミリーとの同期演奏可能)
  • 電池駆動、内蔵スピーカー
2014年10月下旬発売予定

 

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です