ドイツの音響機器メーカー、ゼンハイザーのヘッドフォン新シリーズ「Urbanite」のキャンペーン広告がやや奇妙で面白いものになっています。極端なドイツ語訛りの英語を喋るヘッドフォン君が召使いのような役を演じ、耳の快楽の秘密を探っていきます。

「Urbanite」は低音やアウトドア用途を重視したカジュアルなヘッドフォン。色の種類も豊富で都会的。私たちの耳にはどのように反応するのか確かめてみたくなりませんか?ビデオのほうは数種類ありますが、夜寝る前にでもぜひ見てみてください。

 

 

Senheiser

 

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です