midimux1

 

コンピュータに接続してあるコントローラを使ってiPadアプリを演奏したり、iPadのシーケンサーアプリを使ってコンピューター上のソフトウェアシンセを演奏したり、そんなことが行えるようになるアプリmidimuxがリリースとなった。これまでにも同様のことを行う手段はあったのだが、midimuxの場合、コンピュータとiOS デバイスを接続する方法は通常の 充電用30pin/lightning USBケーブルだ。これまでストレスの多かったワイヤレス設定や、特別なMIDIインターフェイスも必要としない。 必要なものはケーブルと、公式サイトからダウンロードするmidimuxサーバーアプリだけ。

 

サーバーのインストールを終え、iOSとMacを接続すると、Macのメニューバーには小さなアイコンが表示される。特別な設定画面のようなものは表示されず、ごく小さなサイズのプログラムがシステム内で動作することになる。

midimuxの画面には、コンピューターに接続してあるコントローラやMIDI機器、iPadの中で起動しているアプリが表示される(画像上)。私の場合はiPadにはiPolysixとiElectribeとModStep(シーケンサーアプリ)が起動してあり、コンピュータにはKontrol S、Maschine、TR-8が接続してある。

ここでAbleton liveを立ち上げてみる。MIDI設定画面を見てみると、iOSデバイスに立ち上げてあるアプリの名前が表示されているのだ。これは分かりやすい!!

midimux2

 

AbletonLiveでパターンを作り、プレイボタンを押すと、midimuxはシグナルをキャッチし、iOSアプリがちゃんと鳴るのだ。

NI Maschineのパッド(MIDIモード)をたたいてみると、これも同様、iOS アプリを演奏することができるのだ。微妙なレイテンシーはあるのだが、軽くセッションを行うのであれば気にならない程度だ。

今度は逆にiPadのシーケンサーアプリで作ったパターンをAbletonLiveの中で立ちあっがているプラグインシンセをならしてみると、、これもちゃんと鳴るのだ。

 

midimux7

 

私だけに限らず、iPadアプリをどうにかDAWソフトウェアを使うワークフローに取り込んでみたいと思っている人は多いはずだ。その点、midimuxを使うと、コンピューターとiPad(iPhone)を簡単にMIDI接続することができてしまうのだ。通常の30pin/lightningUSBケーブルを使うことができるのは、精神的にも安定する。素晴らしい!!

このアプリを開発は、Ableton Live のためのiOSコントローラ「TouchAble」のディベロッパーによるものだ。Ableton Liveとの親和性が高いのも納得できる。

しかし、彼らの勢いはこれだけにとどまらず、公式HPではすでに次のアプリaudiomux のリリースがアナウンスしている。audiomux では同じく30pin/lightningUSBケーブル一本の接続で、コンピュータ(Mac)とiOSデバイスのオーディオストリームを可能にする。つまり、iPadアプリの音をコンピュータのDAWソフトウェアに取り込むことや、その逆、コンピュータの音をiOS DAWアプリに取り込むようなこともできるようになるのだ。

繰り返すようだが、難しい設定や、特別なオーディオインターフェイスも必要としないところが大きなメリットだ。

イントロダクション・ビデオでは、この二つのアプリ(midimux とaudiomux) の簡単な説明が行われている。

 

 

互換性:現在のところMacのみの対応。iOS 5.1.1 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化

価格¥1.000

AppBC

midimux Facebook

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です