Artiphon1

 

アメリカ・テネシー州ナッシュビルからやって来る新型マルチ・インストゥルメント・コントローラArtiphone のInstrument1。ずいぶん前から様々なサイトで話題になってきたコントローラですが、完成まであと少し、クラウドファンディングにておそらく最後の資金調達が始まっています。

例えば、ギターならば弦をかき鳴らす、ピアノならば鍵盤を抑える、バイオリンなら弓で引く、パーカッションなら表面を叩くわけですが、ではこれをひとつのインストゥルメントにまとめたらどんな形になるのか??という発想から生まれたのがこのArtiphone のInstrument1です。

 

 

  • スマートフォン、タブレット、コンピューターと接続をし、様々なサウンドを様々なスタイルで演奏可能
  • マルチインストゥルメント・テクノロジーにより、Instrument1 のフィンガーボードを演奏したい楽器のスタイルに変換可能(フレットのオンオフ、チューニングの変換、タッチセンシティブ調節など)
  • 数百に及ぶ音楽アプリへの対応
  • MIDIに対応、コンピューターソフトウェアとの接続 (USB接続)
  • Artiphon companion appを使い、カスタムチューニングを行うことが可能
  • スピーカー内蔵
  • 加速度センサー内蔵
  • チャージ式バッテリー

 

 

Artiphon3

 

私のように普段MIDIキーボードを使っている人はこれまでギターの弦をスライドさせることだったり、バイオリンにビブラートをかけるような演奏は思うようにできなかったわけですが、このInstrument1ならばもっと様々な演奏スタイルを試すことができそうです。このサイズもナイスなのではないでしょうか。気になるのは触り心地なのですが、はたして。

クラウドファンディングの目標金額は$75.000、$299の出資でArtiphone Instrument1を一台ゲットできるかも!

詳しくはKickStarterよりどうぞ。

 

Artiphone

 

 

 

 

 

 

 

Tagged with:
 

One Response to 話題のマルチ・インストゥメント・コントローラArtiphone Instrument1、クラウドファンディングに登場

  1. […] きそう。こういうの待ってた。 $299のEarly Birdはすでに終了。惜しい。 話題のマルチ・インストゥメント・コントローラArtiphone Instrument1、クラウドファンディングに登場 | いっかい/ikkai […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です