pacemakerdj

 

Pacemaker DJ for Apple Watch がアップルのスマートウォッチ第1号のDJアプリとなるようです。このアプリはiPadのDJアプリPacemakerと接続することによって、アップルウォッチをリモートコントロールとして使えるようになります。

Pacemaker は初心者の人でも気軽にDJミックスを楽しむことができるハウスパーティ系アプリで、なんといっても価格がフリーというのがすばらしいところです。そんなわけで、このアップルウォッチ・アプリPacemaker DJを一緒につかうことによって、これからの季節バーベキューをしながら曲をミックスしたり、トイレ最中でも曲を変えることができるようになり、先取りDJにとってはかなり要チェックなアイテムとなるのかもしれません。

とはいえ、Apple Watchは今まさに始まったばかりといった様子ですね。これから、もしかしたらこんなものとか、こんなものが登場したりするのかもしれません。

Apple

 

 

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です