overbridge1

 

ハードウェアシンセサイザーをVSTプラグインのように扱える?

スウェーデンの人気ハードウェアシンセメーカーElektron が発表したOverbridgeは、ElektronのAnalog Four/Analog Keys/Analog Rytmをコンピューターと接続しプラグイン・シンセ(VST・AU)として扱うことができるようになるものだ。それもUSBケーブル一本で、ElektronのアナログサウンドをDAWソフトウェアに入力することができる。また、DAWソフトウェアのプロジェクトをロードした時にはElektronハードウェアのセッティングも同時にリコールされるなど、便利な機能が山盛りだ。

アナログシンセシザーがコンピューターと融合?というと一瞬混乱をしてしまうところでもあるのだが、そこがElektronの技術のすごいところなのだ。Musikmesse 2015ではAnalog FourとAbleton Liveを使ったデモンストレーションが行われていたが、全くストレスを感じさせない操作の様子に驚かされた。

さらにエディターの開発も進められており、これによってDAWソフトウェアからオートメーションの操作も楽に行えるようになる。

 

overbridge2

 

2015年5月からはこのOverbridgeのパブリックベータテストが行われる。ベータバージョンでは以下の機能が搭載される。

  • CoreAudio / ASIO / WDM sound card functionality
  • Multi-tracking via single USB
  • Overbridge Control Panel
  • Analog Four/Keys/Rytm plugins
  • VSTi plugin format
  • Parameter automation
  • Kit/Sound editing capabilities
  • Sequencing via DAW – “Analog VSTi”
  • Elektron sequencer sync to DAW
  • Multiple Elektron units support
  • Mac and Windows support

2015年夏にリリース予定されているOverbridge バージョン1.0では以下の機能が搭載予定

  • AU plugin format
  • Total recall of machine state
  • Analog Rytm sample management
  • Analog processing via plugin

さらに2015年秋にリリース予定されているバージョン1.1では以下の機能が搭載予定

  • Librarian
  • Pattern/Song editing

 

すべてのハードウェアマシンがコンピューターとこんな融合をしてくれたら良いのに、、と、ふと思ってしまったが、まずはElektronの結果を楽しみにしておきましょう。あ、OctatrackやMachinedrum への対応は今のところ予定されてないようです。これらのユーザーは投書攻撃でしょう。

 

Elektron

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です