blog_header.jpg__615x322_q85_crop_subsampling-2_upscale

 

Ableton Liveは本日、アップデートバージョン9.2のリリースをしました。ユーザーは登録アカウントより無償でダウンロードすることができます。

バージョン9.2の新機能

  • レイテンシー補正 Max for Liveデバイスやサードパーティ製プラグインのレイテンシーが低下。オートメーションがレイテンシー補正に対応。
  • ワープ機能の向上 強拍検出機能は向上し、ワープ機能はより正確に。[Complex]モードおよび[Complex Pro]モードでのサウンドはよりパンチーに。サンプルの選択部分を指定の小節長さにワープすることが可能に(画像下)。
  • Tunerの追加   ギターを弾く人は嬉しいですね。
  • MAX 7 対応 Live SuiteバージョンはMAXの最新バージョンに対応。(おっと、これは要チェックじゃないですか−!)
  • PUSH  アフタータッチに対応 Liveの主要ライブラリ・サウンドの多くにアフタータッチ機能が追加。
  • PUSHのタッチストリップがモジュレーションホイールとして機能
  • PUSHの64パッドモード 64パッドすべてを使用してドラムをプレイ可能に。
  • そのほか数多くの機能向上やバグ修正など。

 

ableton923

Live9.2の新機能。サンプルの選択部分をそのままワープすることが可能に。

 

ableton92

PUSHの64個のパッドすべてを使用してドラムプレイすることが可能になった。

 

また、動画チュートリアルビデオやフィンガードラマーとして有名な Mad Zachが、コントローラPUSHの新機能(64パッドモード)をすぐに活用できる無償Rack「64Pad Lab」を公開しています。このRackには5つのDrum Rackが収録され、PUSHユーザーに限らず、Liveユーザーならば開いて使うことができます。Ableton 公式HPより無償ダウンドードできます。

またMad Zachによる解説ビデオも同時公開され、フィンガードラム・テクニックやライブパフォーマンスのためのLive 設定テクニックが紹介されます。同じ音色を様々なピッチでアサインし演奏する方法、LFOを使い音色を変えていく方法、サイドチェーンを効果的に使う方法など、Liveユーザーならば是非とも押さえておきたいテクニックです。(日本語字幕もつけてもらいたいですね。)

 

 Ableton 

 

 

Tagged with:
 

One Response to Ableton Live バージョン9.2 リリース

  1. ほしやま より:

    いつも楽しく拝見しております。
    いつからか、RSSフィードがエラーになっているようです。チェックしていただけませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です