新しいオーディオ フォーマット Stems の公開まであと少し。Native Instruments は昨日、TRAKTOR PRO 2 と TRAKTOR KONTROL D2 を使うSTEMS ワークフロー ビデオ(ミキシング編)を公開しました。

ビデオではまず、Stemsフォーマットのファイルをロードします。するとKONTROL D2のスクリーンには4つのパート(ドラム・ベース・シンセ・ボーカル)の波形が表示されます。

KONTROL D2 の4本のフェーダーは各トラックが割り当てられており、ビデオ0;22 あたりから、一番左のフェーダー下げることによってドラムのサウンドがカットされます。続いてベースのサウンドがカットされボーカルのトラックだけが聞こえるようになります。

Stemsは4つの各チャンネルそれぞれにフィルター/エフェクターを掛けることができます。ビデオ4;46あたりではドラムサウンドのみにフィルターがかけられ、続いてボーカルにディレイエフェクトのようなものがかけられ、大きなブレイクが作られます。

ビデオ1;08 あたりからは別のトラックがミックスされ始め、ベースサウンド、そしてドラムサウンドが順々にスイッチされていきます。

最後はトラック2のシンセサウンド以外がカットされ、ビデオは終了します。

 

stemsd23

stemsd2

 

今回このビデオで初めてStemsを使うアクションを見たわけですが、フェーダーの操作がなんとも気持ちよさそうに見えてきます。もしD2が2台あれば8本のフェーダーを両手で握ることができ、これまでのDJミックスよりもはるかに楽しくプレイできそうな予感がします。

まずは、STEM DECK機能をアンロックするTAKTOR PRO 2.9 のリリースを心待ちにしましょう。

 

STEMS

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です