2-Circuit-Overhead_0_1

英のシンセメーカーNovationは、2系統のポリフォニックシンセサイザーと4パートのドラムマシンを合体したスタンドアローンのグルーブボックスCIRCUITを発表しました。CIRCUITはエフェクターやMIDIも装備し、一台のスタンドアローンマシンとしてラップトップなしでもベーシックなトラックを完成することができます。スピーカー内臓、電池でも駆動するコンパクトな筐体も特徴です。

32個のベロシティセンサー式カラーパッドは用途に応じてレイアウトを変え、ステップシーケンサーとして、ミキサーとして、キーボードとして使うことが可能です。

音源には同社のNOVAのエンジンが使われており、いまどきのエレクトロニック系サウンドを得意としているとのことです。USBやMIDIを使って外部音源を操作することも可能です。(MIDI IN/OUT端子、ミニUSB端子装備)

ただ音を鳴らすシンセというだけではなく、ひらめいたアイデアをスケッチし、フレーズやパターンを作り貯め、エフェクターをいじりながら一つのトラックにアレンジしていくワークフローがこのCIRCUIT の最大の特徴と言えそうです。簡単にいってしまえば持ち運びできるAbleton Liveといった感じなのでしょうか?いや簡単すぎますね。これは要チェックです。

 

追記10/4

昨日、ラッキーなことにCIRCUITをほんの数分だけ触ることができました。CIRCUITのサイズはiPadほどの大きさ、もちろん厚みはありますが移動の最中でもついつい触ってみたくなってしまうポップな可愛らしさがあります。ヘッドフォン端子もついているので、移動中に思い浮かんだアイデアをスケッチするのも簡単でしょう。

やはりCIRCUITにの最大の武器はLaunchPad譲りのカラーパッドで、適当にパッドをたたいていくだけでも(なんとなく)カッコいいドラムパターンやシンセフレーズを作れてしまいます。

再生しながらツマミを回せばパラメーターを連続的に動かし録音できます。

サウンドに関しては、いまどきの派手なエレクトロニック系サウンドを得意とするようで、その手のジャンルに特化した音楽制作であるなら即効性のある音源としても使えそうです。大音量で聞いた場合にはやや細さが目立ってしまうような気がしました。

もしコルグのElectribeのように作ったプロジェクトをAbleton Liveにエクスポートできる機能があれば素晴らしいと思いましたが、今のところDAWソフトウェアとの特別な連携機能はないようです。

MIDI鍵盤を使った場合、外部MIDI機器を使った場合にどのようなことができるのか試してみたいです。

 

$ 329.99、10月発売

 

Tech Spec

Product Hardware Specifications

  • 32 RGB backlit velocity sensitive button grid
  • 28 RGB backlit function buttons
  • 8 Continuous pots with RGB indicator LEDs
  • Dedicated filter and volume pots
  • 1/4″ jack sockets for left and right outputs
  • Two MIDI sockets (3.5mm jack sockets with MIDI din break-out cables)
  • USB socket
  • Front-mounted 3.5mm jack socket for headphones
  • Integrated speaker
  • Rubberised knob caps
  • Rotary controls secured to the chassis with metal nuts
  • Power supply connector
  • Power switch
  • Battery compartment for 6x AA batteries (included)
  • Kensington Security Slot

Sound Engine

  • 2 Nova synths
  • 4 Part drum machine
  • 6 Note polyphonic per synth
  • 64 Synth patches
  • 64 Drum patches
  • 8 Synth macro controls (Control up to 4 parameters with one knob)
  • 4 Drum parameter controls (Pitch, Decay, Distortion, Filter)
  • Mixer view with levels and mutes
  • Master FX with individual track sends
  • 16 Delays
  • 8 Reverbs
  • Sidechain effect (7 types and off). Triggered from Drum 1
  • Hi-pass / low-pass master filter

Sequencer

  • 32 Sessions
  • 6 Tracks per session (2 Synth and 4 Drum)
  • 8 Patterns per track (Synth 1, Synth 2, Drum 1&2, Drum 3&4)
  • 16 Demo sessions
  • Real time record (notes, with velocity and automation)
  • Auto-quantise notes to steps and automation to 6 events per step
  • 50 Automation parameters (up to 4800 events per pattern)
  • Internal tempo range 40 – 240
  • External synced tempo range 30 – 300
  • Swing 20 – 80%

Real Time Performance

  • Full range velocity scanning and record. Editable to 16 levels
  • 16 Scale types and chromatic transposition
  • Synth expand view doubles playable area
  • Drum expand view allows real time drum record
  • Octave (input) and pattern octave (edit)
  • Pattern length and nudge
  • Configurable pattern chain
  • Session instant switching and queued switch

Editing

  • Velocity and gate per step
  • Multiple gate lengths per step (via real time record)
  • Automation edit per step
  • Clear step, automation parameter per pattern, pattern, session
  • Duplicate step, pattern

Software Compatibility

  • Ableton Live Lite 9 is included

Circuit will also work as a standard USB-MIDI controller.

Power Requirements

  • Circuit can be powered using 6x AA batteries or a power supply (both included). It can not be powered via USB
  • Maximum power consumption 12V DC 600mA

Product Dimensions

  • 240mm width x 200mm depth x 35mm height

 

 

チュートリアルビデオ

更新中

SImplicity-Experiment-Image-01_0

 

Novation

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です