__8448675_orig

 

スウェーデンのソフトウェアメーカーAudio RealismのBass Lineが久しぶりのアップグレードを果たし、Bass line 3(ABL 3)としてリリースされました。ローランドTB303のエミュレーションソフトウェアとして人気を博したABL のバージョン1 がリリースされたのは2003年のこと。その後2007年にはバージョン2がリリースされ、今回およそ8年ぶりのアップグレードとなりました。

ABL 3のエンジンは大きくリニューアルされ、サウンドも大きく改善されているとのこと。新しいパターンの入力方法も加わり、昔の303のように、ステップ入力に苦痛を感じることはありません。リアルタイムでランダムにパターンを作れるランダマイザーや、オーディオファイルを検知しパターンを自動生成するオーディオアナライザーなど、モダンな機能も新装備。次世代のバーチャルTB303と言うにふさわしい、納得のプラグイン。iOSバージョンも出たらいいのに。

 

 

Bass Line 3の特徴

  • 大きく改善された303エミュレートエンジン
  • ホストとのタイトな同期
  • GUIのサイズ変更可能
  • クラシックエディット・ビュー
  • パターンエディット・ビュー
  • リアルタイム・ランダマイザー
  • ウェーブアナライザー (オーディオファイルを検知し、パターンを作る機能)
  • セットアップスクリーン
  • ステップ録音(Midi)
  • ビブラートエフェクト(Up+Downスイッチを同時に押す)
  • technoBox2パターンインポート可能
  • OS X & Windows (VST/AU)

 

 

スクリーンショット 2016-01-05 14.41.23

パターンエディット

スクリーンショット 2016-01-05 14.41.58

オーディオ・アナライザー

スクリーンショット 2016-01-05 14.42.09

ランダマイザー

 

価格95ユーロ、数秒おきにノイズが入るデモバージョンあり。

Audio Realism

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です