晴れた日の日曜日にはこんな音楽でスタートするのが理想かも。Chris Hughesというコンテポラリー作曲家による「Slow Motion Blackbird」。巨匠スティーブライヒの「Slow Motion Sound」にインスパイアされ作られたというこの曲がリリースされたのは1994年。クロウタドリという鳥の声がサンプリング、そしてタイムストレッチされ、見事に美しい音楽の主旋律として構築されています。ピッチや音質の無理矢理なエディットもなく、本当に鳥が歌っている音楽。下のYouTubeビデオでぜひ聞いてみてください。画像が雰囲気を壊していますが、これはアメリカ空軍のBlackbirdです。

 Wikipediaより

ヨーロッパでは春の訪れを感じさせる鳥で、スウェーデンでは国鳥になっている。

英語でこの鳥のことを Blackbird と呼ぶが、米語で Blackbird といえばムクドリモドキのことになってしまうので注意。 ビートルズの歌 “Blackbird” はこの鳥のこと。

作曲家オリヴィエ・メシアンはクロウタドリの歌を気に入っており、採譜したうえで「世の終わりのための四重奏曲」およびフルート曲「クロウタドリ」などに用いている。

といことでこちらはポールマッカートニーによるBlackBirdです。

Chris Hughes

via The music of Sound

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です