ドイツベルリンを拠点とするソフトウェアメーカーU-he の新しいプラグインシンセBazilleバージョン1.0 が遂にリリースされました。随分前からベータバージョンが公開されていたり、当初は7月にリリースの予定だったBazille ですが、待たされた分だけあって内容はまさにモンスター級となっています。

Bazille はデジタルオシレーター+アナログタイプのフィルターを搭載したハイブリットタイプのモジュラーシンセサイザー。様々なアウトプットとインプットをパッチしながらサウンドメイキングする方法は同社の人気シンセサイザーACE と似ているところではありますが、Bazille はバーチャルアナログというよりはデジタルシンセサイザー。コンピューターのCPUパワーを駆使して作り出される音の幅はかなり広く、太いベース・リード・ファンタジー系パッド・リズムループ・グリッチサウンドなどを得意としています。クオリティーハイ、シンセサイザー上級者向け。

Bazille は現在$89(10月15日までの特別価格)

まずはデモバージョンを試してみてから購入できるのも、さすが大人。

U-he

 

 

Bazille features

  • 4 digital oscillators with simultaneous FM (frequency modulation), PD (phase distortion) and FR (fractal resonance).
  • 4 multimode analogue type filters with up to 6 parallel outputs each.
  • 4 modelled effects: stereo delay, distortion, phaser, spring reverb.
  • 2 LFOs with 3 parallel outputs each.
  • 4 ADS(S)R type envelope generators.
  • signal processors: Inverter, rectifier, sample & hold, lag generators and quantizer.
  • 2 mapping generators (waveshapers) with a variety of drawing tools and controls.
  • 8 x 16-step morphing sequencer.
  • multiplex modules for signal mixing, RM (ring modulation), AM (amplitude modulation).
  • single-page alternative skin included.
  • microtuning support (.tun files).
  • multichannel MIDI support.
  • user interface zoom in 10% steps.
  • over 1700 presets…
  • azille for Windows and Mac (VST/AU/AAX)

 

 

 

 

 

2 Responses to U-he デジタルモジュラーシンセサイザー Bazille リリース

  1. Radish より:

    いつも興味深く拝見させて頂いております。
    機材購入の参考にさせて頂いたり、また様々な情報を知るだけでも楽しいものです。

    話は変わり、この記事でのソフト名の表記についてなのですが、
    「Brazille」と表記されていますが、U-heのサイトを見ますと「Bazille」(Bの後にrが入らない)が正しいようです。
    美術史上に「バジール (Frederic Bazille)」という画家がいますが、綴りが同じなので、この名前が由来かも知れません(確証はありませんが…)。

    ともあれ、ついにリリースされた事をこの記事で知りました。ありがとうございます。
    早速このシンセのデモ版を試してみましたが、さすがU-heという感じの素晴らしい音と性能です。
    ただ予想通り、負荷が高いのが難点ですね。でも買ってしまうかも知れません(^^)

    • ik より:

      いかんですね。たしかにブラジルって名前じゃ変だなと思ってたんです。
      これからもご意見ご指摘よろしくお願いします。

ik にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です