TraxPadはプロDJユース用に開発されたiPadアプリケーション。インターフェイスは至ってシンプルでPlayボタンとCueボタンは画面上に。2本の指で画面を上下させることでピッチを調節、1本の指で画面を上下させることでターンテーブルを送り戻しする感覚のことができます。

コンピューター用のDJソフトNI Traktorなどとはちがい複雑かつ便利な機能は一切ついていないので、このアプリはどちらかというとレコードとターンテーブルを使うDJに近い感覚でしょう。もしiPad2台でこのアプリを使えばレコードDJにかわる新しいスタイルができるかもしれませんね。問題は音質がどの程度なのかというところでしょう。29、99ドル

http://www.youtube.com/watch?v=cdqHJUovMCw&feature=player_embedded#at=212

詳しくはリンクよりどうぞ。

via Synthtopia

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です