80年代に一世風靡したモンスターサンプラーシンセ、フェアライトがiPad、iPhoneアプリとして復活しました。オリジナルフェアライトCMI Ⅱxのフロッピーディスクライブラリー32枚分の564ボイスを搭載。ボイスをロードする際のフロッピーディスクがガチャガチャという音まで再現しているのがレトロ心をくすぐります。おまけにフロッピーディスクの読み取りを失敗する確率なんかも設定できたりします。設定率をあげるとガチャガチャガチャガチャやたら時間がかかったりするなど当時の雰囲気をうまい具合に再現してくれています。The line6やAkai Synthstationにも対応しているので外部MIDIコントローラーからの演奏も可能ですね。プロバージョンにアップデートするとWAVファイル、AIFFファイルの読み込みも可能、どんな音に再生されるのか聞いてみたいです。もしプロバージョンにした人は感想聞かせてください。詳しくはFairlight サイトよりどうぞ。iTune Storeにて1、200円、アップグレード4,600円

http://www.youtube.com/watch?v=5PZPIe2YJok&feature=player_embedded

フェアライトといえばArt of noiseのこの曲。オーケストラルヒットの音が超有名。最近じゃほとんど聞かない音ですけどね。でもたたいてみるとなんだか楽しい!!

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です