Waldorfからは90年代半ばに販売されたアナログシンセPulseの後継機となるPulse2が発表になった。Pulseはラックマウント型モジュールであったが、こちらはBlofeld同様のデスクトップ型のモジュールになっており、その姿はとても美しい。3つのオシレーターとアナログカスケードフィルターは旧型Pulseと同様、Pulse2ではハイパス、バンドパスフィルターモードを追加、パラフォニックモードでは8ボイスのコードが再生される。500あるプリセットサウンド、太いベースサウンドからリード、ドラム、パーカッションなど多岐にわたるサウンドを得意とする。さらにアルペジエーター、外部入力端子も備えるなど、アナログシンセファンにとっては満足感のあるスペックになっている。€549 2012年夏からの販売予定

Specs:

  • Analog monophone synthesizer
  • 3 analog oscillators + 1 noise generator
  • Pulse width modulation
  • Hard sync
  • Filter frequency modulation of OSC 3
  • Ring modulation of OSC 3
  • XOR mode
  • 8-/4-voice paraphonic modes
  • Cascade filter
  • 24 dB/12 dB lowpass filters, 12 dB highpass/bandpass filters
  • Extensive arpeggiator
  • 8-slot modulation matrix
  • USB
  • MIDI
  • External analog signal input
  • Stereo line output
  • Headphone connector
  • Compatible with Pulse Classic
  • 128 x 64 pixel LC display with with background illumination
  • 8 stainless steel regulators
  • 500 sound programs
  • Electron-absorbing black casing

Waldorf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です