ギリシャのアーティスト、電気技術者であるPetros Vrellis氏によって製作された「星月夜」。1889年にゴッホによって描かれた名画がOpenframeworks技術を使うことによって、手でさわり、そして動かすことができるインタラクティブアニメーションとして生まれ変わった。バックに流れる音楽もPetros Vrellis氏によるもので、タッチパネルからリアルタイムにMIDI音源をコントロールしている。

古くから音楽と絵画はお互い影響し合っているもの。超有名なところでは葛飾北斎の「富嶽三十六景神奈川沖波裏」から着想を得たといわれるドビュッシーの交響詩「海」。動く北斎にKaossPadのようなもので音楽をコントロールしたらどのようなものになるのだろうか、、、なんてふと思ってみたのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です