環境にやさしいハイブリッドカー。でもエンジン音が静かすぎるハイブリッドカーは歩行者にとっては危険が伴うもの。すでに国土交通省は電気自動車などがエンジンを使わずに時速20km以下で走る場合、「車両の走行状態を想起させる連続音」をスピーカーから出すよう定めているそう。生活の中で違和感があったり、ドライバーが音を出すことに気恥ずかしさを感じたりする理由から、サイレン音や動物の鳴き声、波や風といった自然現象の音は認められていないとのこと。

もし皆さんがそんな疑似エンジン音の制作の依頼を受けたら、どんな音をつくりますか?

例1 今日見つけたYouTubeビデオはオランダのドミノピザの宅配サイレントバイクにインストールされたエンジン音。ほとんどギャグにもとれるのですが、人間の声を使ったサンプリング音。でもこれで宣伝効果もバッチリなのでしょう。街の人気者になるのでしょうか?

 

 

例2 スーパー自動車メーカーAudiのe-tronシリーズの場合。どうやらバイオリン系の音源を元に作られているようです。低域の周波数がパワーと平静を表現し、中域の周波数が派手さや軽快さを表現。やはりさすがのAudi。

 

 

例3 トヨタのプリウスの場合。一部ではお化けが出てきそうな効果音だと言われてもいますがが、高域の周波数が強調され、かつての車からは想像できない未来派サウンドが特徴。

 

いっかい  未来型自動車にはシンセサイザーが内蔵?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です