本日Ableton Live のメジャーアップデートバージョン「Ableton Live 9」が公開になりました。3年ぶりとなるアップデートだけあってかなり斬新な内容となっています。特に面白いのは、オーディオデータをMIDIデータに変換するAbletonの新しいアルゴリズムで、たとえばマイクから入力した鼻歌やビートボックスやギターの演奏を、MIDIデータに変換することができるという機能。Melodyneのようなオーディオファイル編集するものではなく、入力した音声を12音階・タイミング・ベロシティになぞってMIDIに当てはめてくれるもののようです。せつない歌声やビブラートが効いた歌声まではカバーできそうにはないのですが、とにかくいろいろと試してみたくなる機能です。新しくクリエイティブな音楽制作方法を見いだすことができそうなAbleton Live 9。間もなくベータテスト開始、出荷開始2013年前半

 

 

Live9 主な新機能

  • セッションオートメーション オートメーションデータを各クリップに書き込める機能
  • Audio to MIDI  メロディー、ハーモニー、ドラムサウンドをMIDIデータに変換。
  • 新しいブラウザー
  • Live Suite版には3500の新しいサウンドが付属
  • Glue Compressor  Cytomic社とのコラボレーションによるクラシックタイプのコンプレッサー
  • EQ 8の機能向上 グラフィックフィードバック機能
  • MIDI クリップのエディット機能向上
  • Live Suite版にはMax for Liveが付属 コンボリューションリバーブを含む24の新しいインストゥルメント

 

 

Ableton Live 9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です