チェコ共和国のシンセメーカーStanduinoより、シンセサイザーfraAngelicoに続き、今回はドラムシンセサイザーfrauAngelicoをリリース。サンプルベースの音源をエディットしながら、32ステップのシーケンサーでパターンを組み立てて行くことができる。エフェクターはビットクラッシャーとピッチダウンを搭載、4つの白いボタンは8つまでのサンプルをトリガーすることができる。なんとなく怪しいく可愛らしいルックスが魅力的。サウンドはチップチューン系にバッチリ。

キットのみ€ 80 組み立て済み€ 130

Standuino

いっかい  「チェコ共和国で生まれたシンセ fraAngelico」


  • sample based polyphonic plaback (6 voices)
  • 8 fully adjustable sounds for each preset that can be triggered by midi or by built in sequencer
  • microsampling features to adjust the sound ( loop length, shift speed, start, cut)
  • bitCrusher, pitchDown, softVolume
  • sample rate knob
  • step sequencer with record feature, tap tempo, pattern length and shuffle
  • it can store 6 double-patterns (32 steps = 8 beats) in each preset
  • 4 presets
  • monome mode button
  • mute button for individual sounds
  • metronome
  • optional double pedal input 3.5mm stereo jack connector for shift and monome button
  • various sample banks available (TR-808, 8-BIT, BASIC)
  • size: 11 x 7 x 4 cm
  • 5 knobs
  • 3 switch menu buttons
  • 4 big performance buttons
  • 3 side hack buttons for aditional features
  • 1 volume knob
  • input voltage: 9V
  • MIDI input( MIDI through by special cable)
  • jack 3.5mm output

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です