「Scanned Synthesis」とは1998年から2000年頃にかけて、Bill Verplank、Max Mathews、Rob Shawらによって開発された合成方式で「パフォーマーの動きを音程に応じた速度でスキャンして音声化する」もの。

新しい解釈でこのScanned Synthesisが取り入れられているiPadアプリWabletは、スクリーンに映し出される網の目を動かすことによってウェーブフォームが作り出され音声が出力される。網の目はタッチスクリーンをさわることや、iPadを物理的に動かすことで変化し、美しいノイズサウンドパターンを作り出すことができる。

App Storeにて¥85

 

Tagged with:
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です