いよいよモーションコントローラの時代が到来。指を直接スクリーンに触れることなく、ジェスチャーによってコンピューターを操作することができる「Leap」はすでに去年から様々なメディアで紹介されていますが、いよいよLeapディベロッパー用キットの配布が開始され、各カテゴリーのディベローッパは様々なアイデアを練り始めているようです。

このLeap は$69.99という低価格でありながら1/100ミリ単位の動きまで認識することができ、Kinectのようなゲーム用コントローラよりも200倍の精度をもっているというディバイス。そうなればこれを音楽に用いることも当然考えられ、新しい発想の楽器もここから生まれてくる可能性は十分あるはす。まずはYouTubeで見つけたビデオをいくつか紹介しておこうと思います。

 

指ドラム。ベロシティを使えるのがスゴい。

 プラグインエフェクターNI Guitar Rig5 を操作している様子。Leapディベロッパーキットではセンサーが認識できるジェスチャーの範囲が幾分狭いようです。マジシャンのようなアクション。

Air Harp  かなり繊細な動き、音のレスポンスも十分なようです。

Leapシンセサイザー ビデオのクオリティが悪いですが、まるでファンタジアの世界。

Leap Motion プリオーダー開始中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です