昨年のMusicMesseでPulse 2が発表になって以来、音沙汰がなかったドイツのシンセサイザーメーカーWaldorfからの意外な新作発表。デスクトップ型ミニシンセサイザーRocketは8つのデジタルオシレーターとマルチモードのアナログフィルターを備えるシンセ。8つのモノフォニックオシレーターを使ったユニゾン/コードモード、Boosterなど、聞いただけでもこのRocketがいかにアグレッシブなサウンドを持つシンセなのか想像できます。電源もMIDI信号もUSBから供給できるスマート設計。しかもMIDI端子付き。とはいってもフレンドリー価格の$244。Mac Miniくらいの大きさなのでしょうか?Pulse 2は3つのアナログオシレーターを持つオールアナログシンセですがこちらのRocketは8つのデジタルオシレーター。どちらのサウンドが好みなのか試してみるのが楽しみです。RocketPulse2も今年3月のリリース予定。

Rocket発表にともない、Waldorfプラグインシンセのディスカウントセールが明日日曜日から火曜日まで実施中。日曜日は40% off。詳しくはWaldorfサイトよりどうぞ。

追記: Rocketは3月上旬よりEU圏内での発売が予定されているとのこと。Pulse 2は2003年春とのことです。

 Rocktプロトタイプのデモビデオ

 

  • Analog multimode-filter (VCF) with Low Pass / Band Pass / High Pass
  • VCF-input
  • Highly flexible oscillator-section with pulse width modulation and hard sync
  • Up to 8 oscillators in unison for chords or Ultra High Density Sawtooth
  • Low Frequency Oscillator (LFO) for modulation
  • Envelopes for VCA, VCF and Sync
  • Booster circuit to generate aggressive sounds
  • Arpeggiator with different rhythmic patterns
  • Glide
  • USB powered
  • MIDI in and out
  • Extensive control panel with high-end pots and switches
  • Control via MIDI and USB
  • MIDI clock sync
  • Line output
  • Loud headphone output
  • Launch key for easy pre listening
  • Made in Germany

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です